KAWATA EYE CLINIC
Copyright(C). KAWATA EYE CLINIC. All rights reserved
aaaaaa



 先進医療の詳細については 
    厚労省のホームページ をご覧ください。


 多焦点眼内レンズとは?
   

今までの白内障手術で挿入された眼内レンズは単焦点のレンズでした。

つまり、手術後は調節力がなくなりますので、遠くか中間か近くかの
どこかにしかピントが合いません。
したがってほとんどの方が手術後に めがねが必要になります。


 
 
 


2007年より厚生労働省から多焦点眼内レンズが認可されました。
当院でも多焦点眼内レンズの挿入を行っています。
 

 
 



       

              
シンフォニー (AMO社)        ReZoom(AMO)

 

現在 当院でで主に挿入されている多焦点眼内レンズは 2種類です。

 ・回折型の多焦点眼内レンズの
ReSTORE(アルコン社) 

 ・焦点深度拡張型 多焦点眼内レンズ 
シンフォニー (AMO社)    

それぞれに特徴があります。

シンフォニーは 遠方から中間(手元から40〜50センチ)にかけての
広い範囲に焦点が合うように設計されているレンズです。
軽度の乱視であれば乱視矯正なしでも裸眼視力は良好であり、
また下記の図のような夜間のグレア・ハロなどの症状を自覚することも少ない
といわれています。

一方、ReSTOREは、遠方と近方の見え方に優れています。

この2種を片眼づつ挿入する 
 
「Custom Match という手術方法もあります。


    
  ReSTOREのレンズ部分の拡大

 

現時点までに多焦点眼内レンズの適応があまりない方が
(あまり勧められない方) 
存在することが知られています。

・乱視(角膜乱視)が強い方 
・手術後の度数が予想しにくい方、
・夜間の車の運転が多い方などです


多焦点レンズでは夜間は車のライトや電灯などが見にくくなることがあります。
   


トップ トピックス4 新しい眼内レンズ:多焦点眼内レンズ
   
 河田眼科医院 
本文へジャンプ
トピックス 6  先進医療と多焦点レンズ
施設案内
トップページ
トップ  トピックス4 新しい眼内レンズ:多焦点眼内レンズ

 
→トピックス:1 老眼の治療
 
→トピックス:2 白内障の予防とビタミンC
 →トピックス:3 ドライアイの新しい治療
 トピックス4 新しい眼内レンズ:多焦点眼内レンズ
 →
トピックス 5  乱視と 白内障手術
施設案内
アクセス
スタッフ
サイトマップ